【お問い合わせ】0256-34-2771
メールでのお問い合わせはこちら

30年、40年という長期間にわたって、住まい手に愛され続ける家をつくること|山家建築

「家づくり」という言葉から、何を連想しますか?

単純に『住む為のものを建てる』と考える方から、『夢や自己実現の象徴』とイメージされる方まで、
100人いれば100通りの「家づくり」があると思います。

私たち山家建築の考える「家づくり」は
『30年、40年という長期間にわたって、住まい手に愛され続ける家をつくること』
と思います。

「家と共に成長する・生きてゆく」という家本来のありかたを追求し、住まい手の思いに応えながら、
ずっと住まい手に愛され続ける家づくりをお手伝いしたいと考えています。

「やさしさ」を感じられる家づくり

その為に私たちが考えだした答えのひとつに『人へのやさしさ』があります。
特に肌に直接触れる部分などに、無垢の木材や自然素材を使用することで
工業製品的に造られた家にはない『やさしさ』を感じられる家づくりを目指しています。

ただ、工業製品の全てが悪いとは思ってはおりません。
適材適所にあった素材を使って、どうしたら心地よく住み続けられるかを住まい手と話し合い、
一緒に考えながら設計させて頂きたいと思っています。

山家 正弘