【お問い合わせ】0256-34-2771
メールでのお問い合わせはこちら

SDGs(持続可能な開発目標)|山家建築

SDGsとは?

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。そもそもどう発音するかというと、SDGs(エス・ディー・ジーズ)です。
SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

山家建築の『持続可能な開発目標(SDGs)』への取り組み

弊社若手スタッフの大工・山家は子供ができたことをきっかけに、これまで漠然と考えていた将来のことを真剣に考えるようになりました。

これからの社会は、少子化、高齢化による社会情勢の変化がおこり、生活様式や消費者行動が変わり、IT、AIやエネルギー転換などが予想されます。地球温暖化をはじめとした環境問題への取り組みも大きな問題で、経済性・社会性・環境性の観点から企業経営を考えることが重要だと。

そんな時に『SDGs(持続可能な開発目標)』のことを知り、同じく若手スタッフの大工・番場と一緒に取り組むことを決めました。
17のゴールの中から大きな目標として3つを選び、取り組みをはじめました。
日々の仕事を行う中で、何気なく行っていたものを意識をしながら行うことでゴールに近づくことができると考えています。

地球に人に「やさしい家づくり」

  • 自然素材にこだわりシックハウス症候群の恐れがある素材を使わない家づくり。
  • 全室バリアフリーや断熱性能の向上により、住まい手が健康に暮らせる家づくり。
  • 省エネルギー、再生可能エネルギーの利用を促進し、低炭素化を目指した家づくり。

「家づくり」から「人づくり」へ

  • 職人の社員化により労働条件の改善を図ります。
  • 自己成長の支援の為、職能系資格取得の推進や学習機会の提供の場を設けます。
  • 現場のクリーン化や作業の効率化を目指し、誰もが働きやすい現場環境を作ります。

「家づくり」の連携を

  • 「家づくり」は1人で出来ません。関係各社との連携共有を強化し、より良い「家づくり」を目指します。
  • 連携共有の強化から、連携による更なる技術向上を図ります。
  • 家を作って終わるのではなく、住まい手と持続可能なライフスタイルを共に考えます。